司法書士と行政書士、これからなるなら?

司法書士や行政書士の仕事は、いずれも社会的地位も高く、社会からの必要性も常に高いためとても立派でやりがいのある仕事だといえます。どちらの資格も手に入れるのはたいへんですが取得できたらそれまでの苦労がじゅうぶんに報われて、すごく「おいしい」仕事だと呼ばれていますね。

司法書士や行政書士のような資格は、以前はあまり多くの人たちの興味をそそる仕事だとはいえませんでした。
法律の仕事というと、「弁護士」しか知らない人も多かったですし、大学の法学部まで行くような人たちの間でさえあまり顧みられる機会が多いとはいえなかったかもしれません。

しかし、最近は一般の人たちの間からも司法書士や行政書士にチャレンジして試験に合格する人たちが目立ってきましたし、実際に成功をつかんだ人たちの体験談も相次いで発表されています。
不景気と失業率の高い雇用不安でいっぱいの世の中にあって、一種の救いの神のようなイメージすら湧いてきているようですね。

司法書士や行政書士は、ここまで多くの人たちに情報を検索されるようになってもなお、なれる人たちの数はかなり限定されていますし、まだ世の中で求められている資格だといえますね。
試験の難しさが大きな壁となって立ちはだかっていることもあって、なかなか世の中に巣立っていく人たちの数が一気に増えることはありません。

逆説的な見方をすると、なろうとするのだったら早いうちになってしまったほうがいいということですね。
他人より先んじて資格を取得して、仕事をしはじめてしまったほうが勝ち組になるチャンスも多めにやってくるというものです。

司法書士や行政書士は、難しいとはいっても、弁護士や弁理士に比べたらまだだいぶ余裕がありますし、世の中での必要性(そのことに気付いてさえいない人たちが多いですから、必要性を啓蒙する役割もあるといえます)も決して低い資格ではありません。
司法書士や行政書士のことを早めに深く知れば、他人に先んじて成功することもできますし難しい試験や開業だって必ずうまくいくことでしょう。
司法書士や行政書士の違いや、これらの仕事につくにはどうすればいいのか、どちらのほうが向いていそうなのかを知るきっかけになればと思って、ここに書き記しておくことにします。

次のページ

行政書士や司法書士の全体像がわかれれば、
試験の勉強法を理解する必要があります。
そこで、多くの方が利用する通信講座の学習法を紹介します。
⇒行政書士の通信講座を比較

 >>行政書士は美味しい仕事? 実例をチェック!