司法書士と行政書士の開業の比較をすると?

司法書士と行政書士は、「士業」の代表らしく、開業をして事務所に常駐して、依頼を受けるという形にいちばん適している職業です。
自分の事務所をつくることは、とても勇気がいることですが、多くの人たちが司法書士や行政書士のような資格に期待するものは、開業をして事務所をつくることで手に入るといっても過言ではありません。ここでは、司法書士や行政書士の開業事情と、事務所をつくりたいときにどうすればいいのかを考えてみましょうか。

司法書士の場合、広告や宣伝を出すことについて以前より規制緩和が進んでいますが、それでも開業した当初はともかくとして、しばらくするとあまり営業活動らしきことをやるのが難しくなってくるとよくいわれます。
これは登記といったことを主体とする業務であることに関係があるでしょうが、ただ待っているだけでははじまりませんね。
そこで、たとえば法律の改正があったとき等を見計らって、各方面に告知をする、といった地道な活動を続けていくことが大切でしょう。
バブルのころをピークとして、司法書士の世界でも案件の数は全体的に伸び悩み気味のようですが、その中で生き残っていくには需要を開拓するべく模索を続けていくことになります。
たとえばこの数年は、債務整理関係の依頼に依存する司法書士が多かったようです。
債務問題に関して法改正が行われることを見越してうまく事業者から個人まで、広く開拓と宣伝をいち早く行った先見性のある司法書士たちはこの数年でかなりの稼ぎを手にしているはずです(もっともこれも、いつまでも同じようには続きません。常に臨機応変に対応していかなくてはなりません)。

いっぽう行政書士の場合はどうでしょう、司法書士よりもさらに難しいと思う人もいるようですが、それは発想しだいです。行政書士は扱うことができる書類の数がとにかく多いため、専門領域を上手に開拓していくことでかなり制限なく依頼の口を増やしていくことも不可能ではありません。
行政書士の中には実際にさまざまな専門分野を設けて途切れることなく仕事を続けている例が多々見られます。
行政書士は今後増えすぎるだろうという予測をする人たちもいますし、飽和状態になることを危惧する意見も増えています。もっともこれまでと同じで、うまく開業をして事務所を軌道に乗せることができた人と失敗した人との格差が大きくなるだけではないでしょうか。
行政書士はある意味で司法書士よりも多様性に満ちていて、開業後の活動も広く残されている資格です。
得意分野をつくることと、時代の変遷に応じて得意分野を変えていくことで、たっぷりとした稼ぎを手にするチャンスがあるでしょう。

司法書士と行政書士の開業について、これからの動向を予測してみましたが、共通していることはやり方次第だということです。
司法書士や行政書士を目指すときは、ただ試験に受かることばかりを考えるだけではなく、開業をしたときにどうやったらうまくいけそうかをイメージしながら勉強に励んでいくことが理想的ですね。

次のページ
 >>行政書士は美味しい仕事? 実例をチェック!