司法書士と行政書士の、就職の範囲を知りたい

司法書士や行政書士の資格を取得したら、開業することがいちばんオーソドックスで普遍的な進路となります。その前に、他人の事務所に勤務するというコースを選ぶことも考えられますが。

それではそれら以外の進路は何かあるでしょうか? 特に就職できるチャンスはあるでしょうか? 

・企業の法務部等
ある程度大きくなると企業は、それまでには設けていなかった部署をつくることがあります。中小企業の場合は法務部を持っていることはめったにありませんが、大企業または中堅規模の企業の場合は法務部があっても不思議ではありません。企業が法律関係の手続き等をする必要によく迫られると、こうした法務部をつくって処理することになるのですが、司法書士・行政書士ともにこうした部署では需要がありえます。
もっとも求人が多く出ているとはいえません。法務部に入りたいなら司法書士も行政書士も就職活動はかなり長期化する可能性があります。

・後進の指導に関するサービス
これはすなわち、通学・通信講座への協力ということになります。専門学校や資格の予備校、通信講座専門の業者等が講師を募集することがありますが、そのような仕事に応募するわけです。
もっとも、講師の仕事に正社員採用で踏み込むパターンは多くはないようですが。つまり、非常勤の講師、時間等を制限した上での採用のほうがずっと多いのです。
言い換えると、アルバイトやパート感覚で講師の仕事をする合格者が多いのですが、条件によってはいいアルバイトになるようです(特に、まだ資格を取ったばかりの時期は、仕事も収入も限られていますから、当面の資金繰りの役に立ってくれることはよくあるというわけです)。

司法書士も行政書士も、あまり就職向きの資格ではないのですが、法律事務所以外に就職する口があるとなれば、このような形になります。この意味では、どちらの資格もあまり違いはないでしょう。

次のページ
 >>行政書士は美味しい仕事? 実例をチェック!