司法書士、行政書士を受ける層に意外な共通点がありました

司法書士と行政書士の受験者は、あくまでも推量の話ではありますが、あまり重なっていないだろうと思えます。
司法書士と行政書士は、同じ法曹の世界に存在する資格で共通点はそこそこあります。しかし、違っているところだってかなりありますから、受験者は対して重ならないだろうという結論を選びたくなるわけですね。
これがたとえば、法曹と不動産の両面から成り立っている資格である「マンション管理士」と「管理業務主任者」であれば、本当に共通点が多く、受験者も相当に重複しているのですが。

あえて書くなら、司法書士のほうが「司法試験の失敗者」が流入する確率が高いだろうと思われます。司法試験は弁護士・検察官・裁判官等を輩出する法曹界の最高水準の試験ですが、難しすぎるために司法書士に志望を変更するケースが昔から目立ちます。

それに引き替え、行政書士の場合は残念なことですが司法試験を受ける層から軽視されていることが少なからずありますね。司法試験と比べると確かに行政書士試験は、かなり簡単だということになってしまいます(あくまでも、比較上の話ですが)。そのため、司法試験の失敗者が受けようとしないという傾向があることは事実です。

※もちろん、「簡単そうだから」という理由で受ける司法試験受験者もいます。
 実際に、現職の行政書士業務のほかに著書の発行等まで含めて幅広く活躍している行政書士の中にも、長い間司法試験に失敗してばかりだったという経歴を持つ人が混ざっているくらいですから。

行政書士の仕事を真剣に目指している層からすれば、そのような人たちの流入は歓迎できることではないでしょう。このまま司法試験受験者が関心を持とうとしない様子を尻目に、黙々と受験勉強に打ち込みたいところです。

次のページ
 >>行政書士は美味しい仕事? 実例をチェック!