司法書士と行政書士、勉強法のコツについて

司法書士と行政書士の両方に興味のある人といえば、どんな人でしょうか? 
まだ進路が決まっていなくて、素敵な仕事を探しているところだという人だっているかもしれません。

司法書士も行政書士も素敵な仕事であることは間違いありません。仕事の素晴らしさでは差がつかないなら、受かりやすさで決めたい、なんて考える人も出てくるでしょうか? 

試験の難易度については別のページで書いていますが、受験対策・合格対策についてもふれておきましょう。試験の制度に大きな違いがあるため、一概に比較はできないのですが、司法書士と行政書士の試験問題への取り組み方は、最初に書いてしまうならわりと似ています。

どちらの試験でも、初学者にはひたすら難しい知識が続出します。受験者はそれを根気よく、粘り強くものにしていかないと合格は到底望めません。

それから、前年度までの試験問題をよく研究して、問題の解き方の材料を見つける必要があることも共通しているでしょう。例年の合格率が大きく変動しない点と関係していますが、司法書士も行政書士も、毎年変わらない特徴が試験問題にたくさん混ざっているのです。

司法書士と行政書士の受験者は、このような内容を含んだ地道な勉強を、整然と繰り返すことが求められます。試験の難易度については行政書士のほうが楽ですが、行政書士についても相当の努力が必須となりますし、たった今述べたように勉強の原理は大して変わりません(どちらかを受けていれば、もう片方をのちに受けることになったときに勉強が多少やりやすいかもしれませんね)。

次のページ
 >>行政書士は美味しい仕事? 実例をチェック!