司法書士と行政書士、既存の事務所勤務の機会

司法書士と行政書士は、基本的にどちらも「独立型」「開業型」の資格です。いわゆる「法律事務所」といった仕事場をつくって、そこで顧客からの依頼に応じて書類仕事を中心に活動するわけですね。

あまり独立・開業以外の選択肢がないというイメージが強いのですが、「他人の事務所に勤務する」という選択肢も、わずかですが存在します。

司法書士・行政書士共に試験に合格したら、どうやって食べていくのか決めないといけません。しかし、試験には受かっていても、実際の仕事のやり方はまだ全然知らない状態です。そんなときに、他人の事務所で雇ってもらうことができたら、仕事の方法やテクニックまで学べますし、しばらくの間生活もできそうですし、とてもよい身の振り方に思えます。

しかしあいにくと、司法書士の場合も行政書士の場合も、その手はあまり使えません。求人を出す必要がある司法書士法人や行政書士法人は、全国どこへ行ってもあまり出てこないのです。

試験に合格したら他人の事務所に勤務したいという願望があるなら、試験に受かる前から動きはじめたほうがよいと思われます。自身の居住地域をキーワードに、そのような求人が出ているかどうか調べるなどして、可能性がどれくらいあるのかチェックしたほうが正解でしょう。場合によっては、求人がありそうな地域に引っ越すことも検討したほうがよいかもしれません。

いずれにしても常に求人の動向をチェックして、数少ない機会を逃さないようにすることが求められます。

※なお合格してから、各地の事務所に電話するなどして自分を売り込む、という手もあるでしょう。しかしこれはやりすぎると嫌がられますから、売り込むにしても1回にとどめるのが妥当でしょう。

次のページ
 >>行政書士は美味しい仕事? 実例をチェック!