司法書士と行政書士のダブルライセンスはどれくらい有効?

司法書士と行政書士の資格は、最近は並び称される機会も比較をされる機会も多くなってきたようですね。
どちらもかつては弁護士の陰に隠れてしまうような資格でしたが、最近ではだいぶひとり歩きをするようになってきました。これは非常に喜ばしい兆しだといえます。

ところで、司法書士と行政書士の資格のどちらをとるのかを考える人たちばかりではなく、両方を取ることを目指す人たちも出てきたようです。
司法書士と行政書士のダブルライセンスということですね。

他のページでも書いているように、司法書士と行政書士とでは微妙にできる仕事の範囲が違います。
そのため、両方の資格を持っていると、何かの仕事を依頼された場合でも両方のテリトリーにまたがってダイナミックに仕事をこなすこともできます。
だからこそ、司法書士と行政書士のダブルライセンスをやる意味も生まれるわけですね。

もっとも、両方とも勉強するのはたいへんですし、時間もかなりかけなくてはいけないでしょう(同じく法律に関する資格ですから、勉強する範囲はそれなりに重なりますが)。
実際に司法書士と行政書士のダブルライセンスを持っている人の数もそんなに多いわけではありませんし、無理に狙う必要はありません。

何よりも「士業」の世界では、近くにある事務所同士で協力し合っていくことも一般的ですし、どちらかの資格しかない人たちでも立派に仕事を安定してもらえています。
ひとつの資格を究めようとするだけでもじゅうぶんにやっていけるのです。
仕事に大きなこだわりを感じているのであれば司法書士と行政書士のダブルライセンスを目指すことも有意義ですが、すべての人たちがそれをまねする必要はありません。

なお、ダブルライセンスを本気で素人が狙うなら、順序としては行政書士→司法書士にしたほうが建設的でしょう。
先に司法書士では挫折する確率も高くなります。行政書士の受験勉強を通信講座等で試していくほうが、法律の世界にスムーズになじみやすいでしょう。

また行政書士の場合、司法書士の資格をダブルライセンスで目指してもかまいませんが、もっとかかわりの深い社会保険労務士や宅建の資格でダブルライセンスを目指すこともとても有用な方法です。
行政書士の資格を教えている通信講座や学校では、社会保険労務士や宅建の資格を同時に教えている例も多いですし、希望すると相談にも乗ってくれますから、むしろこのようなダブルライセンスから検討してもらいたいものです。

次のページ
 >>行政書士は美味しい仕事? 実例をチェック!